ホーム  >  豆知識  >  便のお話

豆知識  便のお話


mame_ben2naka.gif体が健康である場合便の臭いは酸っぱく感じることが多く、たくあん等の漬物の様な臭いを感じるのが特徴です。

この酸っぱい臭いは、「善玉菌」が腸内で増えている証拠で腸内環境の状態が良く、この場合、
便が無臭であることも多く、善玉菌が多く存在する健康な状態だといえます。
善玉菌の影響で、腐敗臭の原因となる菌の発生が抑えられた結果、便特有のくさい臭いが減少し、
発酵臭に変わる事で臭いが軽減されるため、健康的な便は臭わないそうです。

色、形についても、茶色っぽい色で程よく水分を含んでいる長細い形状の物が理想的であるといえます。
腸内環境が整っている場合の便は、臭いが少なく、形状も滑らかでバナナ状、色も茶色という特徴があります。

逆の場合の便は腸内で「悪玉菌」が多く存在し、便が異臭を放つようになります。
特に、水分をたくさん含んでおり軟らかい便が出て悪臭を放つ場合は、胃腸でトラブルが起きている可能性もあるので注意が必要です。

上記の様な場合は腸内環境を整える大草ビフィズスαをお勧めいたします。
ページの上に戻る